横浜でカウンセラーとして独立開業をお考えの方へ

カウンセラーとして独立する際の場所選びのポイント

カウンセラーとしていざ独立開業する際、最初の問題は場所選びです。
カウンセリングを行う場所として、以下のような場所が考えられます。

1.カウンセリングルーム専用の賃貸マンション・アパート等を借りる
2.飲食店(主にカフェなど)を利用する
3.レンタルスペース(貸し会議室)を利用する

1に関しては、開業当初のまだ不安定とも言える時期に、初期費用(敷金・礼金・設備)に加え毎月の家賃や光熱費を払わなければならないという点でリスクがあります。クライアントが増え、事業が軌道に乗ってきた頃に専用の部屋を借りることを検討する方が多いようです。

2については、カウンセリングはクライアントのプライバシーが守られることが前提であるため、飲食店等不特定多数の人が出入りする場所で行うことは不向きであると言えます。

カウンセリングでレンタルスペースを利用するメリット

開業を目指す方にオススメなのが3の「レンタルスペース(貸し会議室)」です。最近はおしゃれな個室タイプのものも増えてきており、料金や借りられる時間の単位もさまざまです。貸会議室をカウンセリングルームとして使用するメリットをご紹介します。

お金開業時の初期費用を節約可能

レンタルスペースには机や椅子を初めとしたカウンセリングに必要な設備が備わっている場合が多い為、これらの設備を自分で用意する必要がありません。* 内装にこだわった貸会議室を選択すれば、自分で内装を行う手間や費用を省きつつ、清潔で落ち着いた空間でカウンセリングを行うことができます。
また前述の通り、専用の賃貸マンション・アパート等を借りる際の敷金・礼金等も発生しないという点でも、初期費用を節約することができます。

※設備・備品がオプション費用になっている会議室もあるため注意が必要

駅場所・時間で柔軟な対応が可能

開業初期のクライアントを獲得していかなければならない時期には、クライアントにとって交通アクセスの良い場所でカウンセリングを行うことも必要です。近年、ターミナル駅周辺に貸会議室が増えており、クライアントの希望に合わせて場所を選択することが可能です。
さらに、カウンセリングを予約・前払い制にし、予約が入った時間のみレンタルスペースを利用するという方法を取れば、クライアントの急なキャンセルにも対応可能です。

横浜レンタルスペース「ベイシス」は、独立開業・事業拡大を目指すカウンセラーの方を応援します!

横浜レンタルスペース「ベイシス」をご利用いただいている方の中には、心理カウンセリング・ビジネスカウンセリング・カウンセリング講座等、カウンセリングに関する用途でご利用の方が多数いらっしゃいます。格安ながらも駅近・明るい内装、無料の設備が充実しているという点で、カウンセラーの方にご指示をいただいております。

ベイシスは、現在3つの個性的でおしゃれな貸し会議室を運営中です。

カウンセリング場所としてご予約いただいた方の口コミはこちら↓↓
カウンセリング場所としてレンタルスペースをご予約いただいた方の口コミ(レビュー)をご紹介

カウンセリングルームとしてのベイシスのご利用、お待ちしております!

こちらのページもよく読まれています